寝間着

眠りに際して寝間着の種類にこだわる人も少なくありません。ホテルにも寝間着が用意されていることは多いですが、パジャマを持参する人もいます。ここでは、ホテルが用意している寝間着の種類を見てみましょう。

まずは浴衣タイプです。夏場は快適ですが足を露出することが多く、冷房が効きすぎると冷えてしまうこともあります。エアコンの温度を上げたりズボンを履いたりして、温度調整を図る人もいるようです。次にガウンタイプです。羽織るのが簡単なので着やすいですが、こちらも眠っているときに脱げやすく温度調節が難しいことがデメリットと言えます。

また、これらの衣服だと歩いていてはだけてしまう恐れもあり、館内を歩いてはいけないというホテルも見受けられます。ホテルで過ごすにあたって何かと不便を感じるかもしれません。

これらの課題を解決するのがパジャマタイプです。上下が独立した衣服になっているので、寝ているときに脱げる心配がありません。ホテルに置いてある寝間着のなかでは信頼度が高いと言えます。

ただし、寝間着の素材にまでこだわっているホテルはなかなかありません。眠りの質を追求するために快適な寝間着を選ぶなら自分で持ち運ぶか、慣れたホテルを選ぶことをおすすめします。


チェックアウト

ホテルのチェックアウトの時間は10時または11時が一般的です。しかし、状況によっては滞在時間を延長したいということがあると思います。たとえば、ビジネスパーソンならアポイントが午後からなので早くチェックアウトすると困る、レジャー目的でも前日遅くまで遊んだから午前ゆっくりしたいという要望があるでしょう。

ホテルによってはチェックアウト時間を延長できるケースもあります。これはレイトチェックアウトと言い、30分や1時間単位で滞在時間を延長できるホテルも少なくありません。1時間1,000円から2,000円程度の延長料金を支払うと、滞在時間を引き延ばすことができます。

ただし、レイトチェックアウトは部屋の利用状況次第です。先着順だったり予約時に伝達が必要だったりと、ホテルによって条件があることも珍しくありません。チェックアウトの時間に応じて宿泊フロアが変わることもあるため、あらかじめ伝えておくのがスマートだと言えます。

チェックアウトの時刻を過ぎると、ホテルや次の宿泊者に迷惑を掛けてしまいます。ホテルによってはチェックアウトの延長ができるとは限りません。利用者側はなるべくチェックアウトにゆとりを持ち、早めに清算できるようにしましょう。


最低価格保証

最低価格保証は、ホテルを予約するときに抑えておきたいポイントのひとつと言われています。では、ホテルの最低価格保証とはどのようなものでしょうか。

ホテルの最低価格保証とは、ホテルの比較サイトにおけるサービスのひとつです。仮に利用者がホテルを予約したあと、別のサイトでもっと低価格で客室を予約できた場合、その価格に合わせてディスカウントを行います。インターネットで検索すると複数サイトの料金情報が出てくることから、最低価格保証が生まれました。

ホテルの公式サイトが最安値保証を打ち出すケースも少なくありません。その理由は、ホテル比較サイトを利用した宿泊客がいた場合、ホテルは比較サイトに手数料を支払うことが影響しています。公式サイトから予約すると手数料は発生しないので、ホテルに入る利益が大きくなるのです。したがって、最低価格保証を打ち出すホテルがあるのだと言えます。

さまざまなサイトが登場しているため、インターネットを利用してホテルを予約することは難しくなくなりました。ただし、膨大な比較サイトや公式サイトがあると考えると、最安値を見つけるのが難しいことも事実です。最低保証価格の制度を謳うサイトを利用し、できる限りリーズナブルにホテルの予約をしましょう。

参考リンク_鹿児島 東急REIホテル | 鹿児島中央駅徒歩5分の好立地【公式サイト】
宿泊をご案内するページに希望にあったプランを一覧から探すことができる「オールレーツ」を採用しています。


ホテル選びのコツ

ホテルを選ぶときの基準はさまざまです。当サイトは意外と見落としがちなホテルのポイントをご紹介します。

まずは最低価格保証です。比較サイトでリーズナブルな料金のホテルを探しやすい時代になりましたが、そのサイトの料金が最安値であるとは限りません。これは比較サイトと公式サイトを比べてみても同様です。もし、他のサイトより高値で予約した場合に価格の引き下げが受けられるよう、最低価格保証のあるホテルを選ぶことをおすすめします。

チェックアウトの時間について見てみましょう。一般的には10時または11時ですが、滞在時間を延長したい場合は事前申請で認められる場合があります。レイトチェックアウトと呼ばれますが、あらかじめ延長するシステムを設けているホテルも多いです。朝はのんびりしたいという人は、遅い時間に出発できるホテルを選んでおくとよいでしょう。

意外と見落としがちなのが寝間着です。ホテルでは浴衣タイプ、ガウンタイプ、パジャマタイプの寝間着が用意されています。このうち一番便利なのがパジャマタイプです。しかし、自分に合う・合わないというケースもあるので、慣れたホテルを選ぶか自分で持ち運ぶようにすると、快適な眠りができるでしょう。

ホテルを予約するとき、あなたの知らないことはまだまだたくさんあると思います。当サイトは意外な発見ができるような情報を集めました。ぜひ、これからホテルを予約しようと思ったときにご一読ください。