寝間着

眠りに際して寝間着の種類にこだわる人も少なくありません。ホテルにも寝間着が用意されていることは多いですが、パジャマを持参する人もいます。ここでは、ホテルが用意している寝間着の種類を見てみましょう。

まずは浴衣タイプです。夏場は快適ですが足を露出することが多く、冷房が効きすぎると冷えてしまうこともあります。エアコンの温度を上げたりズボンを履いたりして、温度調整を図る人もいるようです。次にガウンタイプです。羽織るのが簡単なので着やすいですが、こちらも眠っているときに脱げやすく温度調節が難しいことがデメリットと言えます。

また、これらの衣服だと歩いていてはだけてしまう恐れもあり、館内を歩いてはいけないというホテルも見受けられます。ホテルで過ごすにあたって何かと不便を感じるかもしれません。

これらの課題を解決するのがパジャマタイプです。上下が独立した衣服になっているので、寝ているときに脱げる心配がありません。ホテルに置いてある寝間着のなかでは信頼度が高いと言えます。

ただし、寝間着の素材にまでこだわっているホテルはなかなかありません。眠りの質を追求するために快適な寝間着を選ぶなら自分で持ち運ぶか、慣れたホテルを選ぶことをおすすめします。